切手をなるべく高く売りたい方必見! 高額査定のコツ

切手をなるべく高く売りたくありませんか?

 

 

切手をなるべく高く売りたい・査定したいとお考えですか?

 

私は過去、祖父と祖母のマニアックで且つ古い汚れている切手を5回ほど査定・買取
してもらった事があります

 

少し面倒でしたが、この私の経験上、切手を1円でも高く売りたいと思うなら近所にある様な
金券ショップやリサイクルショップに持ち込んで諦めてしまうのは絶対やめましょう

 

本当に大損します!

 

 

一方、切手専門の買取店は、

切手の相場を分かっている
・なるべく売る切手を増やしたい

 

 

 

という理由で高い値段を提示してくれます。

 

そこでシート切手を1円でも高く売りたいのなら、複数の買取店の査定を取ってみることをおすすめします。

 

完全無料で査定だけでもOKな買取サイトで査定額を比較

 

こちらで、私が利用した・利用している

 

シート切手の買取を強化している買取サイトをご紹介しますので、査定だけでも取ってみてください。
こちらで紹介している切手買取サイトは、いずれも完全無料で査定だけでもOKです。

 

 

複数の買取サイトでシート切手の査定を取ってみて、一番高い買取価格のところに売ってみましょう。

 

出張買取、店頭買取、宅配買取に対応している買取サイトをご紹介しますので、
3社すべての査定を比較してみてくださいね。

 

 

 

バイセルの特徴

業界最大手 
私の経験では他社よりいつも5%査定額が高いです

出張査定・宅配査定・持込査定
全てに対応しています

●親から譲り受けたものの、ご使用されない
●引越しや衣替えをきっかけに処分を検討されている
●売りたいものが大量にあって持ち運ぶのが面倒

価格 査定無料円
評価 評価5
備考 対象エリア:全国
 
 

プレミアムの特徴

女性スタッフが多くとにかく対応が丁寧です。

汚れや変色した切手、外国の切手
これ売れるの? と感じる切手でも査定してくれます

ニッチな切手が高く査定される傾向があります

価格 査定無料円
評価 評価5
備考 対象エリア:全国
 
 

ゴールドの特徴

顧客満足度業界No.1
実店舗も全国にあるので持込査定も可能です。

古い切手、3円などの安い切手、バラバラの切手は勿論、
不要になったハガキなども査定しくれます

価格 査定無料円
評価 評価4.5
備考 対象エリア:全国
 
 

福ちゃんの特徴

他社と比較するとエリアによって回答が遅い場合があります。
ただ時々、驚きの査定額を出してくれるので私はいつも査定依頼してます。

査定額自体は平均なのですが、時々ニッチな切手を高く査定してくれます。

時間がある場合は必ず査定依頼するのをおすすめします

価格 査定無料円
評価 評価4.5
備考 対象エリア:全国
 

 

切手買取の方法・種類

 

気になる切手買取業者はありましたでしょうか?

 

切手買取を利用するあたり、

 

基本的には「店頭買取」「宅配買取」「出張買取」

 

の3つの買取方法を利用することができます。
しかし「買取方法の違いや流れがよく分からない」という方もいるはず。

 

この章では、それぞれの「買取方法の違い」「流れ」「メリット・デメリット」について解説したいと思います。

 

 

 

店頭買取

 

「店頭買取」とは、実店舗に自分で切手を持ち込んで買い取ってもらう方法です。買取業者によっては「持込買取」「店舗買取」など表記はそれぞれですが同じ買取方法です。

 

基本的な流れは店舗に持ち込んでその場で査定、提示された査定結果に納得なら買取成立、そうでなければ返品です。一番のメリットは即現金化ができること。デメリットとしては枚数によっては持ち込みに苦労することと、混雑時は査定完了までに1時間以上を要する場合があることです。

 

ちなみに切手を家から持ち出す際には切手が折れたり、破れたりしないように細心の注意を払いましょう。また切手アルバムの場合、しっかり切手がページに固定されていないことがありますので切手の落下にも注意が必要です。

 

出張買取

 

「出張買取」は買取店から査定士が自宅に訪問、その場で査定を行い買い取ってもらう方法です。

 

最大のメリットは切手を”そのままの状態”で査定してもらえることです。切手は折れや破れで減額となる場合があります。唯一持ち出す必要がない出張買取は、取り扱いが繊細な切手の査定には一番向いているといえるでしょう。

 

デメリットとしては査定士を自宅に招き入れなければならないということ。ただし希望すれば玄関先での査定もできる他、女性顧客限定にはなりますが女性査定士を指定できる買取業者も増えてきています。

 

宅配買取

 

「宅配買取」は配送業者を利用して買取店に切手を送付して買い取ってもらう方法です。

 

査定結果はメールにて通知され、査定結果に納得なら指定口座に買取金額が入金、そうでなければ返品という流れが基本となります。

 

宅配買取は買取成立までに時間がかかる点がデメリットですが、「査定完了まで店舗で待つ」といったような時間的な拘束が発生しない点はメリットです。ただ宅配買取に関しても発送時に折れ、破れの対策をしっかり施す必要があります。

 

 

どんな切手が高く売れるの?

 

 

 

切手の買取・査定が初めての場合、古い切手だと売れるのか?外国の切手でも売れるのか?
疑問だと思います。

 

上記で紹介した業者にはどんな切手でも査定を出せば、自分では思いもしなかった切手が高値で
査定される事もありますが、
一般的にどのような切手が高く売れるのか紹介したいと思います

 

 

 

記念切手

 

記念切手は、国の重要行事を記念して発行されたもので、販売期間、販売郵便局・発行枚数などに制限があるため普通切手より希少価値があり、相場もプレミア価格となる切手です。
例えば『日本万国博覧会記念切手』や『皇太子殿下御成婚記念切手』などが該当します。記念切手の中でもシリーズ化されている切手は特殊切手とも呼ばれています。

 

明治時代や大正時代、昭和時代でも第二次世界大戦前後までのものであれば高額査定が期待できます。『教育勅語50年記念切手』や『日本国憲法施行記念切手』などがこれに当たります。

 

昭和30年代に切手収集をすることが流行し、それ以降数十年の記念切手は、出回っている数も多いため高い価格がつきにくいという現状があります。

 

普通切手

普通切手は、通常郵便の際に貼って使われる切手で、記念切手と違い枚数制限なく発行されています。

 

ありふれた感じがするので売れないと思いがちですが、明治時代・大正時代や昭和初期のものには、相場が上昇しており高価での買取が期待できるものも多くあります。
中でも未使用で保存状態がよいものは特に希少性があります。

 

中国切手

中国で発行されたものは中国切手と分類され、人気の高い切手です。

 

特に中国初の年賀切手である『赤猿』と呼ばれるものは、1980年発行という比較的新しいものであるにも関わらず相場的には高額取引されることで有名です。

 

そのほか『オオパンダ』のものも人気です。毛沢東主席関連の切手も各種あり、文化革命当時は切手収集が制限されていたため、希少価値があります。
ただしこれらの価値ある中国切手は、偽物も相当数出回っているため注意が必要です。

 

航空切手

航空切手とは、以前航空郵便を利用する際に必要だった切手のことです。

 

飛行機と観光名所を組み合わせた図柄がほとんどで、コレクターに人気のあるジャンルの1つです。きじを描いたものもあります。
のちに日本では、航空郵便でも通常の切手を使用することになって発行終了となったことに加え、8種類の限定されたデザインであったことから相場も高く、状態さえよければかなりの高額が期待できるプレミア切手になります。

 

 

外国切手

外国発行の切手ですが、国や種類が多いため業者によって評価が分かれやすいジャンルです。

 

業者ごとにどの切手をプレミア切手として扱うかが異なるため、ご自宅に気になる外国切手がある場合は複数の業者に査定を依頼するのがおすすめです。

 

一般的に評価が高いのは、イギリスやアメリカなど切手の歴史が古い国のものです。1840年にイギリスで発行された世界初の切手の1つ、ペニーブラックなどをはじめ、バラでも非常に高額で取引されるものがあります。

 

年賀切手

年賀状に貼る切手を年賀切手と呼びます。また、年賀状の景品として発行されるお年玉切手シートもあります。

 

特に昭和初期のものは査定価格が高くなることが多いので、お持ちの方は一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

更新履歴